コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚手式土器 あつでしきどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚手式土器
あつでしきどき

明治・大正年間に使用された,縄文土器の様式名。現在の縄文時代中期の土器に相当し,後期の薄手式土器に対する呼称。鳥居龍蔵は,厚手式土器が山岳部族の,薄手式土器が海浜部族の使用したものであろうという説を唱えたが,やがて両者が時代差であることが判明した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

厚手式土器の関連キーワード勝坂遺跡

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android