コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居龍蔵 とりいりゅうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥居龍蔵
とりいりゅうぞう

[生]明治3(1870).4.4. 徳島
[没]1953.1.14. 東京
考古学者,人類学者。小学校中退後,独学で学んだ。坪井正五郎に認められ,東京帝国大学人類学教室の標本整理係となる。坪井の指導を受け,東大助教授,國學院大學教授,上智大学教授などを歴任。 1939~51年には燕京大学 (現北京大学) 客員教授として北京にあって研究を続けた。日本内地をはじめ海外の諸民族を精力的に調査。周辺諸民族の実態調査の先駆者で,その足跡は台湾,北千島,樺太,蒙古,満州,東シベリア,朝鮮,中国西南部など広範囲に及んだ。考古学的調査のほかに民族学的方面にも観察を怠らず,民具の収集も行ない,北東アジア諸民族の物質文化研究の開拓者となった。また,それらの調査を背景に日本民族形成論を展開,後世に影響を与えた。主著『千島アイヌ』 (1903) ,『苗族調査報告』 (1907) ,『有史以前の日本』 (1918) ,『日本周囲民族の原始宗教』 (1924) ,『人類学及び人種学上より見たる北東亜細亜』 (1924) ,『人類学上より見たる我が上代の文化』 (1925) などのほか自伝『ある老学徒の手記』 (1953) がある。没後 1965年鳴門市に鳥居記念博物館が創設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥居龍蔵
とりいりゅうぞう
(1870―1953)

日本における人類学の先駆者の1人。徳島市に生まれる。正規の学生ではなかったが東京大学で坪井正五郎に師事し人類学その他を学び、のち同大学助教授になった。国学院大学、上智(じょうち)大学の教授、中国の燕京(えんきょう)大学客座教授も歴任した。鳥居は大正時代における日本考古学の指導者であり、またモンゴル、中国東北地区を対象とする考古学の開拓者であった。民族学の分野でも、千島アイヌ、台湾原住民(中国語圏では、「先住民」に「今は存在しない」という意味があるため、「原住民」が用いられる)、中国のミャオ族の調査、さらに数系統の構成要素からなる日本民族文化形成論の展開など、功績が大きい。鳥居の学説の多くは、今日ではそのままの形では支持できないが、示唆や刺激に富むものが少なくない。[大林太良]
『『鳥居龍蔵全集』全13巻(1975~77・朝日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳥居龍蔵の関連キーワードピウスツキ(Bronisław Piłsudski)徳島県立鳥居龍蔵記念博物館伊豆大島竜ノ口遺跡手宮洞窟遺跡中薗 英助鳥居 龍蔵厚手式土器杉原 荘介神坂峠遺跡三宮貝塚伊波貝塚荻堂貝塚轟貝塚上都慶陵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥居龍蔵の関連情報