コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚木基地 あつぎきち

2件 の用語解説(厚木基地の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

厚木基地

神奈川県大和市と綾瀬市にまたがる、日本の海上自衛隊と米海軍が共同使用する航空基地の通称。正式名称は、海上自衛隊では「海上自衛隊 厚木航空基地」、米海軍では「Naval Air Facility Atsugi(海軍厚木航空施設)」。敷地面積は約500万平方メートル1941年、旧日本海軍が建設。第2次世界大戦後の45年、米軍に接収され、50年に米海軍の航空基地となった。71年、基地の一部と航空管制権が米海軍より海上自衛隊に移管され、共同使用を開始。73年からは、同県・横須賀を母港とする米海軍空母に搭載される艦載機の支援基地としても利用されている。以来、周辺地域の騒音被害が激しくなり、76年より周辺住民らが国に航空機の飛行差し止めや損害賠償を求めて3次にわたる訴訟を実施。2014年の第4次厚木基地騒音訴訟の判決で、全国の基地騒音訴訟では初となる自衛隊機の夜間飛行差し止め請求が認められた。

(2014-5-23)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

厚木基地

旧日本海軍が航空基地として建設。戦後、米軍が接収した。1950年、朝鮮戦争を契機に滑走路が修復され、米海軍の基地となった。横須賀を母港とする第7艦隊の後方支援基地として、原子力空母ジョージ・ワシントンの艦載機約70機や、対潜哨戒機P3Cなどの拠点となっている。71年、滑走路、格納庫などの施設と航空管制圏が日本側に移され、海上自衛隊との共同使用となった。綾瀬市と大和市にまたがる500万平方メートルの敷地は、東京ディズニーランド約10個分。周辺は住宅密集地のため、騒音問題は深刻で、64年9月には大和市内の鉄工所に戦闘機が墜落し、5人が亡くなる事故も起きている。

(2012-04-28 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の厚木基地の言及

【綾瀬[市]】より

…1938年旧日本海軍が市域北東部の台地を航空基地として開発し,41年相模野海軍航空隊が設置され厚木飛行場として使用が開始された。第2次世界大戦終結直後,マッカーサーら進駐第一陣が着陸した飛行場で,以来アメリカ海軍厚木基地と呼ばれ,71年からは自衛隊が共同使用している。基地は市域面積の1/5を占め,騒音をはじめさまざまな問題を起こしている。…

※「厚木基地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

厚木基地の関連キーワード神奈川県大和市上草柳神奈川県大和市渋谷神奈川県大和市中央神奈川県大和市つきみ野神奈川県大和市鶴間神奈川県大和市深見神奈川県大和市福田神奈川県大和市大和東神奈川県大和市大和南神奈川県大和市林間

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厚木基地の関連情報