原 あさ子(読み)ハラ アサコ

20世紀日本人名事典の解説

原 あさ子
ハラ アサコ

明治・大正期の女性 総理大臣・原敬の後妻。



生年
明治4年(1871年)

没年
大正12(1923)年3月2日

出生地
岩手県江刺郡岩谷堂町

経歴
父は旧一関藩士。政治家・原敬後妻となり、夫が総理大臣に就任したあとも公式の場には出ず、一貫して家庭の人として働いた。大正10年夫が東京駅で暴漢に刺され、絶命した際、周囲の人々は亡骸を首相官邸に運ぶべきだと主張したが、「生きていれば総理大臣だが、今は原敬一個人に過ぎない」として固辞し、自宅に運ばせた。12年夫の後を追うように死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android