原 夫次郎(読み)ハラ フジロウ

20世紀日本人名事典の解説

原 夫次郎
ハラ フジロウ

明治〜昭和期の政治家,官僚 元・衆院議員;元・島根県知事。



生年
明治8年6月14日(1875年)

没年
昭和28(1953)年11月26日

出生地
島根県

学歴〔年〕
和仏法律学校〔明治29年〕卒,グルノーブル大学法科卒,パリ大学大学院修了

経歴
弁護士となり、5年間の留学後、東京地裁、東京控訴院各検事を経て、法相秘書官となる。その後、首相秘書官、法制局参事官を歴任して退官。大正9年衆院議員当選以来8回当選。民政党総務、昭和9年岡田啓介内閣の司法政務次官。戦後、公職追放、解除後の22年郷里島根県の初代公選知事となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

原 夫次郎
ハラ フジロウ


肩書
元・衆院議員,元・島根県知事

生年月日
明治8年6月14日

出生地
島根県

学歴
和仏法律学校〔明治29年〕卒 グルノーブル大学法科卒 パリ大学大学院修了

経歴
弁護士となり、5年間の留学後、東京地裁、東京控訴院各検事を経て、法相秘書官となる。その後、首相秘書官、法制局参事官を歴任して退官。大正9年衆院議員当選以来8回当選。民政党総務、昭和9年岡田啓介内閣の司法政務次官。戦後、公職追放、解除後の22年郷里島根県の初代公選知事となった。

没年月日
昭和28年11月26日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

原 夫次郎 (はら ふじろう)

生年月日:1875年6月14日
明治時代-昭和時代の政治家;官僚。衆議院議員
1953年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android