原子炉隔離時冷却系(読み)ゲンシロカクリジレイキャクケイ

デジタル大辞泉の解説

げんしろかくりじ‐れいきゃくけい【原子炉隔離時冷却系】

沸騰水型原子炉の非常用炉心冷却装置(ECCS)を構成するシステムの一。原子炉が停止した後、何らかの原因で原子炉への給水が停止した場合に、復水貯蔵タンクまたは圧力抑制プールの水を原子炉圧力容器に注入し、炉心の冷却および原子炉水位の維持を行う。非常用ディーゼル発電機も含めてすべての電源が喪失した場合に備えて、原子炉で発生する蒸気でタービンを回し、ポンプを駆動させて給水する仕組みになっている。RCIC(reactor core isolation cooling system)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android