原子説(読み)げんしせつ

デジタル大辞泉の解説

げんし‐せつ【原子説】

物質を連続的なものとみる説に対して、不連続的なものとみなし、物質は最小の単位である原子からできているとする説。19世紀初頭、英国のJ=ドルトンが科学的な原子説を提唱、その後原子の存在が実証されて、現在の物理・化学の基礎理論となった。アトミズム。→原子論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんしせつ【原子説】

物質は原子(アトム)からなるという説。ギリシャ時代(デモクリトスら)よりあるが、近代化学の理論としては、元素は固有の質量をもつ原子からできており、化合物は原子の結合からなるというドルトンの原子仮説を端緒とする。化学的原子論。 → 原子論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の原子説の言及

【原子】より


【原子の存在の確定と原子構造の探究】
 物質を細分していくと,いくらでも細分できるのか,それとも,それ以上分割できない最小単位,すなわち原子に到達するのかということについては,古代ギリシアのころから論ぜられていた。デモクリトスは物質は原子からなるという原子説を唱え,アリストテレスは連続説を唱えた。しかし,この時代の議論は哲学的な推理の域を出ず,その存在が確かめられたのは近代になってからである(原子論)。…

※「原子説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android