コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原植物 げんしょくぶつUrpflanze

1件 の用語解説(原植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原植物
げんしょくぶつ
Urpflanze

植物の原型の意。ゲーテが,あらゆる植物が由来してきた起源的存在として想定したもの (1740) 。一時は彼は原植物の実在を考えて,イタリア旅行の際にこれを捜そうと試みたりしたが,本質的にはむしろ観念的なものである。したがって原植物から特殊化した各植物形態への仮想の変化によって,ゲーテを進化論者と考えることには,多くの研究者は否定的である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原植物の関連情報