コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原植物 げんしょくぶつUrpflanze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原植物
げんしょくぶつ
Urpflanze

植物の原型の意。ゲーテが,あらゆる植物が由来してきた起源的存在として想定したもの (1740) 。一時は彼は原植物の実在を考えて,イタリア旅行の際にこれを捜そうと試みたりしたが,本質的にはむしろ観念的なものである。したがって原植物から特殊化した各植物形態への仮想の変化によって,ゲーテを進化論者と考えることには,多くの研究者は否定的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

原植物の関連キーワード岐阜県郡上市高鷲町ひるがの湯田温泉峡県立自然公園暑寒別天売焼尻国定公園宮崎県児湯郡川南町川南秋田県大館市釈迦内宮崎県児湯郡川南町滋賀県米原市上野胞山県立自然公園サルトリイバラロートエキスひるがの高原ヴィトレイン八島ヶ原湿原恵山〈町〉熊ノ湯温泉雨竜沼湿原仙石原温泉塩原植物群フジナイトゲンチアナ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android