コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田アントニオ はらだ・あんとにお

2件 の用語解説(原田アントニオの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

原田アントニオ

生年:生没年不詳
江戸前期,キリシタン版をもとにした国字本の出版者。現存する刊行書は,慶長15(1610)年4月中旬刊の『こんてむつすむん地』のみ。同書にはラテン文で「京都 原田アントニオ印刷所」の記載があり,キリシタン版系の書物のうち,京都で出版された唯一のものである。内容は慶長1年イエズス会ローマ字本の改訂抄本だが,この間に刊行された長崎後藤版国字本を,木活字により復刻したものらしい。経歴,イエズス会との関係などは未詳。1621年のパウロ5世の宥罪慰問に対する奉答文にみえる四国伊予国の原田隼人あんとうによを同一人物とみる説もある。<参考文献>天理図書館編『きりしたん版の研究』

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はらだアントニオ【原田アントニオ Farada Antonio】

トマス・ア・ケンピス著《イミタティオ・クリスティ》の国字本《こんてむつすむんぢContemptus Mundi》を1610年(慶長15)京都で出版した民間印刷業者。生没年不詳。本書は現存するキリシタン版中,京都で出版されたと記されている唯一のもの。イエズス会の刊行ではないが,イエズス会上長の許可の下に出版されており,原田がイエズス会と密接な関係にあったことがわかる。【岸野 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原田アントニオの関連キーワードキリシタン版キリシタン屋敷転びキリシタンキリシタン寺キリシタン奉行コンテムツスムンジドチリナキリシタンギャドペカドル後藤宗印原田アントニヨ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone