コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田アントニオ はらだ・あんとにお

朝日日本歴史人物事典の解説

原田アントニオ

生年:生没年不詳
江戸前期,キリシタン版をもとにした国字本の出版者。現存する刊行書は,慶長15(1610)年4月中旬刊の『こんてむつすむん地』のみ。同書にはラテン文で「京都 原田アントニオ印刷所」の記載があり,キリシタン版系の書物のうち,京都で出版された唯一のものである。内容は慶長1年イエズス会版ローマ字本の改訂抄本だが,この間に刊行された長崎後藤版国字本を,木活字により復刻したものらしい。経歴,イエズス会との関係などは未詳。1621年のパウロ5世の宥罪慰問に対する奉答文にみえる四国伊予国の原田隼人あんとうによを同一人物とみる説もある。<参考文献>天理図書館編『きりしたん版の研究』

(安永美恵)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はらだアントニオ【原田アントニオ Farada Antonio】

トマス・ア・ケンピス著《イミタティオ・クリスティ》の国字本《こんてむつすむんぢContemptus Mundi》を1610年(慶長15)京都で出版した民間印刷業者。生没年不詳。本書は現存するキリシタン版中,京都で出版されたと記されている唯一のもの。イエズス会の刊行ではないが,イエズス会上長の許可の下に出版されており,原田がイエズス会と密接な関係にあったことがわかる。【岸野 久】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android