厳麗(読み)げんれい

精選版 日本国語大辞典「厳麗」の解説

げん‐れい【厳麗】

〘名〙 (形動) おごそかで美しいこと。また、そのさま。
※家伝(760頃)下「公将工匠等、案行宮内、仍旧改作。由是宮室厳麗、人知帝尊

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「厳麗」の解説

【厳麗】げんれい

荘厳で美しい。〔後漢書、方術下、費長房伝〕市中を賣るり。一壺を肆頭(か)け、市罷(や)むにべば輒(すなは)ち跳びて壺中に入る。~長、旦日復(ま)たに詣(いた)る。乃ち與(とも)に壺中に入る。唯だ玉堂嚴麗、旨酒甘肴(かんかう)、其の中に盈衍(えいえん)するを見る。

字通「厳」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android