コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家伝 カデン

デジタル大辞泉の解説

か‐でん【家伝】

その家に代々伝わってきたこと。また、そのもの。相伝。「家伝の秘法」
その家に代々伝えられた事柄を記した書物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

家伝【かでん】

藤原氏の祖先の事蹟を記した伝記。《藤氏家伝》とも。760年―762年頃成立。〈家伝〉とは貴族の家々の家譜,系図,祖先伝承を記した書の意味だが,その中の一つである藤原氏の家伝が典型として残り,この名で呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かでん【家伝】

藤原氏祖先の伝記。《藤氏家伝》ともいう。始祖〈鎌足伝〉(〈大織冠伝〉)を上巻,鎌足の孫〈武智麻呂(むちまろ)伝〉を下巻として《群書類従》に収められている。伏見宮家本には鎌足の長子〈貞慧(定恵)伝〉を付す。次子〈史(不比等)伝〉ははやく失われたとある。上巻の撰者大師と記すが,大師は太政大臣の唐名で,武智麻呂の次子藤原仲麻呂(恵美押勝)がそれに任ぜられた。彼が曾祖父顕彰のため760‐761年(天平宝字4‐5)ころに編纂したと推定される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かでん【家伝】

家に代々伝わること。また、伝えられる物事。相伝。 「 -の名刀」
家に伝えられた事跡を記した書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家伝の言及

【延慶】より

…生没年不詳。藤原氏《家伝》下巻〈武智麻呂伝〉の著者。《続日本紀》天平宝字2年(758)8月2日条に〈外従五位下僧延慶,形俗に異なるをもって,その爵位を辞す。…

※「家伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家伝の関連キーワード治五右衛門(12代)加藤周左衛門(3代)家畜伝染病予防法高橋道八(4代)河井流・河合流藤原武智麻呂佩文斎書画譜土芥寇讎記小笠原長朝綾小路俊量黒田十兵衛阿倍安麻呂高柳又四郎武智麻呂伝三田村定虎真野安通常盤玄周朝岡興禎近衛家煕平田職俊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家伝の関連情報