家伝(読み)カデン

百科事典マイペディアの解説

家伝【かでん】

藤原氏の祖先の事蹟を記した伝記。《藤氏家伝》とも。760年―762年頃成立。〈家伝〉とは貴族の家々の家譜,系図,祖先伝承を記した書の意味だが,その中の一つである藤原氏の家伝が典型として残り,この名で呼ばれる。始祖鎌足の伝記(〈鎌足伝〉〈大織冠伝〉)を上巻とし,その孫にあたる藤原武智麻呂の〈武智麻呂伝〉を下巻とする。鎌足の長子〈貞慧伝〉を付すものもある。著者は,上巻藤原仲麻呂恵美押勝),下巻延慶とされる。美化や誇張が多いが,奈良前期の政治文化を知る重要史料とされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かでん【家伝】

藤原氏祖先の伝記。《藤氏家伝》ともいう。始祖〈鎌足伝〉(〈大織冠伝〉)を上巻,鎌足の孫〈武智麻呂(むちまろ)伝〉を下巻として《群書類従》に収められている。伏見宮家本には鎌足の長子〈貞慧(定恵)伝〉を付す。次子〈史(不比等)伝〉ははやく失われたとある。上巻の撰者大師と記すが,大師は太政大臣の唐名で,武智麻呂の次子藤原仲麻呂(恵美押勝)がそれに任ぜられた。彼が曾祖父顕彰のため760‐761年(天平宝字4‐5)ころに編纂したと推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かでん【家伝】

家に代々伝わること。また、伝えられる物事。相伝。 「 -の名刀」
家に伝えられた事跡を記した書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家伝の言及

【延慶】より

…生没年不詳。藤原氏《家伝》下巻〈武智麻呂伝〉の著者。《続日本紀》天平宝字2年(758)8月2日条に〈外従五位下僧延慶,形俗に異なるをもって,その爵位を辞す。…

※「家伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家伝の関連情報