コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳/稜威 イツ

デジタル大辞泉の解説

いつ【厳/稜威】

(「いつの」の形で、またはそのまま体に続けて用いられる)
斎(い)み清めたこと。神聖なこと。
「―幣(ぬさ)の緒結び」〈祝詞・出雲国造神賀詞〉
勢いの激しいこと。威力の強烈なこと。
「―の男建(をたけび)ふみ建(たけ)びて」〈・上〉

げん【厳/×儼】

[ト・タル][文][形動タリ]
態度や処置などがきびしいさま。「―として慎むべきだ」「―たる態度で臨む」
おかしがたく、おごそかなさま。「今も―として存在する」「―たる事実」
[形動ナリ]に同じ。→厳(げん)に
「然るに封鎖―にして此の目的を達し得ざる時は」〈独歩・愛弟通信〉

げん【厳〔嚴〕】[漢字項目]

[音]ゲン(漢) ゴン(呉) [訓]おごそか きびしい いかめしい いつくし
学習漢字]6年
〈ゲン〉
おごそか。いかめしい。「厳粛厳然威厳謹厳尊厳
容赦がない。きびしい。「厳格厳重厳正厳密戒厳冷厳
激しい。ひどい。「厳寒厳冬
自分の、または他人の父に対する敬称。「厳君厳父家厳
〈ゴン〉おごそか。「荘厳(そうごん・しょうごん)
[名のり]いかし・いず・いつ・いつき・いわ・かね・たか・つよ・ひろ・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

厳/稜威の関連キーワードいちのせき厳美オートキャンプ場滋賀県近江八幡市安土町慈恩寺兵庫県神戸市兵庫区門口町愛媛県松山市道後湯月町東京都あきる野市戸倉西村善五郎(9代)愛知県刈谷市天王町厳として・儼として福井県あわら市舟津富山県富山市五番町ゲキバイオレット埼玉県上尾市原市慈恩寺(浄厳院)出雲国造神賀詞厳たる・儼たる柳生三代記柳生兵庫助慈観(2)温明殿女御建仁寺中達

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android