参加社債(読み)さんかしゃさい(英語表記)participating bond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「参加社債」の解説

参加社債
さんかしゃさい
participating bond

社債一種で,一定利子の支払いのほかに,会社に利益余裕が生じたときには,その利益が分配されて,利子と配当両種の支払いを受ける社債をいい,利益分配付社債ともいう。社債には確定利子を支払うのが本来の形であるが,このように社債に対して確定利子だけでなく,配当をも支払うことになると,社債と株式との区別が明確でなくなってくる。このことを株式と社債の接近という。アメリカで信用度の低い会社によって利用されている。また第1次世界大戦後のドイツでしばしばみられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android