接近(読み)せっきん

精選版 日本国語大辞典「接近」の解説

せっ‐きん【接近】

〘名〙
① 近くにあること。近接。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉灰燼録「震源地に最も接近して居ると見られた伊豆七島は大噴火をしたらしく」
② 近づくこと。近寄ること。比喩的に両者の違いが少なくなることもいう。近接。〔日誌必用御布令字引(1868)〕
※二人の友(1915)〈森鴎外〉「俗書が段々科学的の書に接近(セッキン)して来る風潮を論ずる」
③ 親しくつきあうこと。人との間が親しくなること。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「却ってこれが間に介まらねば、余り両人(ふたり)の間が接近しすぎて穏さを欠くので」
※家族会議(1935)〈横光利一〉「泰子との間の停頓が、清子との間の接近になり易いと思ってゐた高之も」 〔向秀思旧賦序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「接近」の解説

せっ‐きん【接近】

[名](スル)
近くに寄ること。近づくこと。「低気圧が接近している」
両者の程度や内容の違いが少なくなること。「実力が接近する」
親しくつきあうこと。親しくなること。「二人の仲が接近する」
「代助と―していた時分の平岡は」〈漱石それから
[類語]近い緊密密接親近近接不可分濃い切っても切れない水いらず親しい近しい心安い気安いむつまじい親密懇意昵懇じっこん懇親別懇ねんご親愛和気藹藹仲良し・仲が良い・気が置けない迫る取っ付きやすい人なつこい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「接近」の解説

【接近】せつきん

近い。晋・向秀〔思旧の賦〕余(われ)、安と居止住処)接す。其の人竝びに不覊(ふき)の才り。然れどくして疎、呂の心は(ひろ)くして放なり。其の後各事を以て法せらる。

字通「接」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android