参殿(読み)サンデン

デジタル大辞泉の解説

さん‐でん【参殿】

[名](スル)
御殿に参上すること。
他人を敬って、その人の家に行くことをいう語。参堂。「近日中に参殿いたします」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんでん【参殿】

( 名 ) スル
御殿に参上すること。他人の家を訪問する意の謙譲語としても用いる。参堂。 「議奏大納言忠能卿へ-して/近世紀聞 延房

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐でん【参殿】

〘名〙
① 御殿に参上すること。
※九暦‐九条殿記・奏御暦事・承平五年(935)一一月一日「午時参殿。仰出、依御暦奏、欲御南殿云々」
② 他人を敬って、その家を訪問することをいう語。参堂。参館。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「京師に到りしかば議奏大納言忠能卿へ参殿(サンデン)して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android