コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参堂 サンドウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐どう〔‐ダウ〕【参堂】

[名](スル)
神仏の堂に参拝すること。
他人を敬って、その家を訪問することをいう語。参殿。「明日参堂するつもりです」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんどう【参堂】

( 名 ) スル
寺社の堂に参ること。寺社に参詣すること。
人の家を訪問することをへりくだっていう語。 「 -の上是非文芸上の御高話を伺ひたいから/吾輩は猫である 漱石
僧堂に入ること。僧堂の一員として認められ、自分の場所を与えられること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android