叉銃(読み)サジュウ

デジタル大辞泉の解説

さ‐じゅう【×叉銃】

[名](スル)小銃を3挺ずつ、三角錐のような形に組み合わせて立てること。「叉銃して小休止をする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さじゅう【叉銃】

( 名 ) スル
銃を銃口と槊杖さくじようとの部分で組み合わせて三角錐状に立て合わせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐じゅう【叉銃】

〘名〙 小銃を三挺ずつ組み合わせて三角錐状に立てること。野外での休憩時などに小銃の置場所のない場合に行なう。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※麦と兵隊(1938)〈火野葦平〉五月一五日「町の両側に叉銃して、兵隊は軒の下に腰を下して居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android