コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火野葦平 ひの あしへい

美術人名辞典の解説

火野葦平

小説家。福岡県生。本名玉井勝則。日中戦争当時芥川賞を受け、従軍作家として活躍。敗戦後は、日本ペンクラブ代表として訪欧もした。芸術院賞受賞。昭和47年(1972)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

火野葦平【ひのあしへい】

作家。本名玉井勝則。福岡県生れ。早大英文科中退。労働運動に従事,検挙されて転向。日中戦争の応召前に書き,同人雑誌文学会議》に1937年発表した《糞尿譚》で芥川賞
→関連項目早稲田派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

火野葦平 ひの-あしへい

1906-1960 昭和時代の小説家。
明治39年12月3日生まれ。家業の港湾荷役業玉井組をつぐ。昭和13年日中戦争に従軍中,「糞尿譚(ふんにょうたん)」で芥川賞を受賞。「麦と兵隊」「土と兵隊」「花と兵隊」の兵隊三部作で流行作家となる。戦後,「青春と泥濘(でいねい)」「花と竜」「革命前後」などを発表。35年芸術院賞。昭和35年1月24日睡眠薬により自殺。53歳。福岡県出身。早大中退。本名は玉井勝則。
【格言など】死にます。芥川竜之介とはちがうかも知れないが,或る漠然とした不安のために(残されたメモに)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひのあしへい【火野葦平】

1907‐60(明治40‐昭和35)
小説家。福岡県生れ。本名玉井勝則。早稲田大学英文科中退。小倉中学時代から活発に文学活動を行っていたが,大学卒業直前に兵役に服し,除隊後は家業沖仲仕組頭を継ぎ,労働運動にも従事した。が,検挙されて転向し,地元の同人誌に参加して文学に復帰。1937年,日中戦争に応召し,出征前に書いた《糞尿譚》の芥川賞受賞を陣中で知る。戦地から送った従軍記《麦と兵隊》が評判を得て,帰還後も〈兵隊作家〉として活躍。戦後,〈戦犯作家〉の烙印を押されたが,自伝的長編の《花と竜》(1952‐53)や《革命前後》(1959)によって文学的力量を発揮した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひのあしへい【火野葦平】

1907~1960) 小説家。福岡県生まれ。本名、玉井勝則。早大中退。「糞尿譚」で芥川賞を受賞。「麦と兵隊」「土と兵隊」「花と兵隊」の三部作で戦争文学の代表作家となった。他に自伝的長編「花と竜」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火野葦平
ひのあしへい

[生]1907.1.25. 福岡,若松
[没]1960.1.24. 若松
小説家。本名,玉井勝則。 1928年早稲田大学英文科中退。 29年家業の港湾荷役業玉井組の跡目を継ぎ,労働組合を結成して港湾ゼネストを指導,翌年逮捕されて転向し,『糞尿譚』 (1937) で芥川賞を受賞。同年召集を受け,中国大陸に転戦しながら『麦と兵隊』 (38) ,『土と兵隊』 (38) ,『花と兵隊』 (38~39) を書いた。第2次世界大戦後は公職追放指定を受け,50年解除後,『赤道祭』 (51) ,『花と竜』 (52~53) ,『革命前後』 (59) を書いた。死後,遺族より自殺と発表された。 60年生前の業績により日本芸術院賞が贈られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火野葦平
ひのあしへい
(1907―1960)

小説家。本名玉井勝則(かつのり)。明治40年1月25日福岡県若松市生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科中退。小倉中学時代から文学に関心を寄せ、早稲田大学高等学院のときには童話集を自費出版する。大学では田畑修一郎らと『街』を創刊したり詩誌を発行して活発な文学活動を展開したが、卒業を前に福岡歩兵24連隊に入隊し、除隊後は家業の沖仲仕玉井組を継ぎ、かたわら沖仲仕の労働組合を結成して労働運動にかかわって文学廃業を決意した。しかし検挙されて転向を誓い、地元の同人誌で文学活動を再開し、『糞尿譚(ふんにょうたん)』(1937)が芥川(あくたがわ)賞を受賞、日中戦争に応召中だったため陣中で授与式が行われて話題となった。ついで『麦と兵隊』(1938)を戦地から送って大きな反響をよび、帰還後は兵隊作家とよばれてマスコミの寵児(ちょうじ)となり、太平洋戦争中は報道班員として活躍した。戦後、厳しく戦争責任を指弾され戦犯の汚名を着せられたが、生家を描いた『花と龍』(1952~1953)が評判を得、遺稿となった『革命前後』(1959)が没後、芸術院賞を受賞した。その戦争文学には真摯(しんし)な祖国愛と素朴な庶民の心情があふれ、戦後も兵隊精神への愛着を貫いた。昭和35年1月24日睡眠薬自殺。[都築久義]
『『火野葦平全集』全八巻(1960・角川書店) ▽原田種夫著『実説火野葦平・九州文学とその周辺』(1961・大樹書房) ▽玉井政雄著『火野葦平回想』(1964・自家版) ▽安田武著『定本戦争文学論』(1977・第三文明社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火野葦平の言及

【徐州】より

…1938年,前年の華北・華中進攻につづいて,両戦線を結合しようとした日本軍は,両方面より徐州に向けて進軍し,国民党軍と戦った(徐州作戦)。この戦役は従軍した火野葦平の《麦と兵隊》によってもよく知られている。また1948‐49年には北西方から進攻した共産軍が,徐州の国民党軍を攻撃して破り,長江以北の解放をなしとげた(淮海戦役)。…

【麦と兵隊】より

火野葦平の長編小説。1938年(昭和13)8月,《改造》に発表。…

※「火野葦平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火野葦平の関連キーワード福岡県北九州市若松区本町緋牡丹博徒 二代目襲名伴淳・森繁の糞尿譚北九州市立文学館火野葦平資料館田中 艸太郎田畑 修一郎玉井 政雄小島 与一火野 葦平田畑修一郎佐々木久子原田 種夫藤井 凡大文学資料館早稲田文学12月3日1月25日小堺 昭三岩下 俊作

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火野葦平の関連情報