兵隊(読み)ヘイタイ

デジタル大辞泉の解説

兵士を隊に組織・編制したもの。軍隊。「兵隊に行く」
下級の軍人。兵。
俗に、役職につかない人のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 兵士を隊として組織したもの。組織編制された兵士の集団。また、兵士のこと。
※輿地誌略(1826)二「之を禦ぐは雅尼撒楞(ヤニサーレン)〈一種兵隊の名〉を頼て、導となすときは、其害を免るべし」
※赤光(1913)〈斎藤茂吉〉折々の歌「萱草(くゎんざう)をかなしと見つる眼にいまは雨にぬれて行く兵隊が見ゆ」
② 下級の軍人。兵卒。兵。
※鳥追阿松海上新話(1878)〈久保田彦作〉「二三名の兵隊(ヘイタイ)は等しく庭に下り立て」
※杏の落ちる音(1913)〈高浜虚子〉一〇「いつも兵隊よ。出し合ひなの」
④ 会社や官庁に勤める役職のない平(ひら)の社員や職員。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兵隊の関連情報