及川 均(読み)オイカワ ヒトシ

20世紀日本人名事典「及川 均」の解説

及川 均
オイカワ ヒトシ

昭和期の詩人



生年
大正2(1913)年2月1日

没年
平成8(1996)年1月

出生地
岩手県

学歴〔年〕
岩手師範専攻科〔昭和8年〕卒

経歴
水沢小学校、北京東城第一小学校などで教員生活をし、その間詩作をし、「北方」「岩手詩壇」などに発表。昭和13年「横田家の鬼」を、15年「燕京草」を刊行戦後は「日本未来派」「歴程」に所属し、24年上京。小学館、集英社に勤務し、25年「第十九等官」を刊行。以後「夢幻詩集」「焼酎詩集」「海の花火」などを刊行。他に童話集「北京の」や評論石川啄木」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android