前縁(読み)ゼンエン

岩石学辞典の解説

前縁

ミグマタイト化作用,花崗岩化作用,交代作用の過程の外側の帯.ミグマタイト・フロント,花崗岩化作用のフロントなどと用いる[Wegamann : 1935, Reynolds : 1947].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐えん【前縁】

〘名〙
前世因縁。前因。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉付録「人間の栄枯得失は皆な前縁(ゼンエン)の繋ぐ所にして」 〔蘇軾‐答陳師仲書〕
② ある場所やある物の前の方の端。
歩兵操典(1928)第八〇四「聯隊長は防禦に在りては抵抗地帯の前縁及戦闘地域を示し」
③ 特に、飛行機の翼断面の前端部。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前縁の関連情報