コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼型 よくがた airfoil; wing profile

4件 の用語解説(翼型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翼型
よくがた
airfoil; wing profile

飛行機の翼を前後軸に平行に切った切り口の形状。翼断面ともいう。またヘリコプタの回転翼 (ロータ) やプロペラブレードについても,その断面を翼型という。翼型は,翼の平面形や厚さ (翼厚) とともに,翼の空気力学的な特性を決定し,飛行機の性能を左右する重要な要素である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よく‐がた【翼型】

飛行機の翼の断面の形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典の解説

翼型

パラグライダーの翼型は上から見た平面翼形と側面から見た翼断面形で語られる。平面翼形の代表例では矩形翼・先細翼・楕円翼などがあるが、微妙な形状の違いがパラグライダーの性能に左右する為、細部についてはメーカーノウハウである。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

翼型
よくがた
airfoilwing section

飛行機やグライダーの翼の断面の形。普通は機体の進行方向、つまり前後軸に平行な断面をとるが、後退翼や前進翼では翼の基準線(25パーセント弦線)に直角な断面をとる場合もある。また、プロペラのブレードやヘリコプターローターの断面も翼型とよび、翼の場合と同じに扱っている。翼型は飛行機(またはグライダー)の性能を直接に左右するので、翼の強度や構造に関連させ、設計目標に適合するように選定される。[落合一夫]

初期の翼型

飛行機は誕生以来、翼型の研究と相まって発達してきた。初期には設計者自身が翼型を考案し、鳥の翼に倣った薄くて反りの大きな断面であったが、そのほとんどは実験によって得られていた。しかし、第一次世界大戦の終了近くから、翼型の理論的研究が行われるようになり、厚くて揚力が大きく、そのわりに空気抵抗の少ない翼型がつくられ、高速飛行に適する片持(かたもち)単葉機ができるようになった。当時の代表的な翼型には、ドイツのゲッティンゲン大学の387番翼型、アメリカのクラークのY翼型、同じくムンクのM6、M12翼型、イギリスのグロワートの一連のRAF翼型などがある。[落合一夫]

1930年代

30年代に入ると、アメリカのNACA(現在のNASA(ナサ)の前身)のヤコブスによって翼型の系統的な研究が行われ、四字系列に始まるその研究の成果は、その後の翼型の研究・開発の主流となった。この翼型は、中心線と厚さ分布の組合せを数字的に表現するもので、四字系列に続いて五字系列、さらに1、6、7シリーズといった層流部分を長く保って抵抗を少なくした一連の層流翼型がつくられた。現在も中・低速機用の翼型は、このNACA翼型そのものか、これに多少の手直しを加えた修正翼型が用いられている。[落合一夫]

遷音速機以後

遷音速・超音速機の出現によって、翼型は大きく変わった。すなわち、翼面上に発生する衝撃波の影響をできるだけ小さくするようにくふうされた翼型が用いられるようになった。最初は普通の層流翼型が用いられたが、この翼型は、翼上面の負圧分布がなだらかなためルーフトップ翼型とよんで新しい翼型と区別している。次に、前縁部近くに負圧の最低値を置き圧力分布にピークをもたせ、衝撃波発生時の圧力上昇を緩やかにするピーキー翼型が実用化された。その後、ピーキー翼型と同じようにした衝撃波による圧力上昇の影響を抑えるように翼上下面の曲率を大容量のコンピュータによって精密に計算した超臨界(スーパークリチカルsupercritical)翼型も実用化されている。このピーキーとスーパークリチカルの二つの翼型はコンピュータの発達なしには得られなかったもので、いわばコンピュータの落とし子ともいえる翼型である。超音速になると、翼型はできるだけ薄く、また前縁がとがっているほうがよく、楔(くさび)型、レンズ型、ダイヤ型などの翼型が用いられる。しかし、超音速機といってもごく特殊な機種以外は、離着陸や待機(ホールディング)などの低速飛行も行うので、それを考慮した翼型が必要である。
 また、翼型の研究だけでなく、翼全体を考え合わせて翼型の特性をより高めようとする三次元的な翼の設計が行われている。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の翼型の言及

【翼】より

…翼は他の物体に比べ,とくに大きな揚力が発生し,逆に抗力は小さく,揚力が抗力の数十倍にも達する。これは翼が板状でそれを適度な迎え角で動かすからでもあるが,翼型のくふうによるところが大きい。
[揚力の発生]
 翼型はふつう抵抗を減らすため魚のような形をしているほか,全体が上に反っていて上面が下面よりふくらんでいるものが多い。…

※「翼型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

翼型の関連キーワード円錐曲線上反角断面積機上機体羽布鵬翼輪切り切口直切り口

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

翼型の関連情報