コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反射攻撃 はんしゃこうげき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

反射攻撃

ネットワーク犯罪の手法のひとつ。他のユーザーパスワード暗号鍵などを盗聴し、それをそのまま再利用して、そのユーザーになりすますこと。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はんしゃ‐こうげき【反射攻撃】

コンピューターネットワークを通じて攻撃を行う不正アクセスの一種。悪意ある第三者が盗聴したパスワードや暗号鍵を用い、正規の利用者になりすまして不正にアクセスすること。暗号化されたデータをそのまま用いるため、正規の利用者との区別がつきにくく防御が難しい。ワンタイムパスワードの利用が有効とされる。リプレーアタック

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

反射攻撃の関連キーワードコンピューターネットワークネットワーク犯罪

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android