進行波(読み)しんこうは(英語表記)progressive wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

進行波
しんこうは
progressive wave

空間内を一定方向に進む振幅a角振動数が ω の正弦波x 軸の正方向に進むとき,時刻 tx におけるこの進行波の振幅ξは次式で表わされる。
ξ=a sin {ω(tx/v)+ε}
ただし v はこの進行波が進む速さで,媒質によって決る。εは初期位相である。進路途中で媒質の性質に変化があると,そこで反射屈折が起る。進む方向のみが互いに逆向きである2つのまったく等しい進行波が干渉すると,進行しない波が合成される。これを定在波という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんこう‐は シンカウ‥【進行波】

〘名〙 空間内をある方向に進む波。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の進行波の言及

【定常波】より

…このような波を定常波,または定在波という。これに対してある方向に進む波を進行波progressive waveと呼ぶ。定常波が実際に現れるのは,多くは一端,または両端の限られた媒質の中に生じた進行波が,媒質の境界で反射され,反射波と入射波とが重なり合う場合である。…

【波動】より

…近づいてくる電車の警笛の音が高く聞こえ,それが通り過ぎると急に低く聞こえるのはその一例である。ドップラー効果
[進行波と定常波]
 これまで一つの方向に進む波について述べた。このような波を進行波という。…

※「進行波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報