反科学論(読み)はんかがくろん(英語表記)anti-science

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反科学論
はんかがくろん
anti-science

近代文明の中心としての科学技術の,負の側面を強調することに基づく批判。20世紀に急速に発展した科学と技術は,人間社会に好ましいものと好ましくないものを含み,いずれもきわめて強い影響を与えた。批判の立場として,環境破壊などに反対する自然主義的立場,還元主義への反発に基づく多元主義的立場,研究者のモラルや体制化に対する批判を基盤とする制度的立場などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android