収束レンズ(読み)シュウソクレンズ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうそく‐レンズ シウソク‥【収束レンズ】

〘名〙 (レンズはlens)
① 光線を収束することのできるレンズ。凸レンズがそれにあたる。集束レンズ。収斂レンズ。
② 電子顕微鏡で、電子線を収束して試料にあてるための電子レンズ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の収束レンズの言及

【レンズ】より

…レンズをはさんで,物体側と像側の媒質の屈折率が等しい場合にはf=-f′が成り立ち,単に焦点といった場合は後側焦点を指すのがふつうである。凸レンズはf′>0で正のレンズとか収束レンズと呼ばれ,レンズの光軸に平行に入射した光線は後側焦点を通る。一方,凹レンズはf′<0で負のレンズとか発散レンズと呼ばれ,レンズ通過後の光線と逆向きに延長させると焦点を通る。…

※「収束レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報