収率(読み)シュウリツ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐りつ〔シウ‐〕【収率】

化学的手法によって原料物質から目的の物質を取り出すとき、理論的に取り出せると仮定した量と実際に得られた量との割合。ふつう百分率で表す。工業的には歩止(ぶど)まりともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうりつ【収率】

合成・精製・回収などの過程で、理論的に予想される目的物質の量に対して実際に得られた量の割合。普通、百分率で表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android