コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収率 シュウリツ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐りつ〔シウ‐〕【収率】

化学的手法によって原料物質から目的の物質を取り出すとき、理論的に取り出せると仮定した量と実際に得られた量との割合。ふつう百分率で表す。工業的には歩止(ぶど)まりともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうりつ【収率】

合成・精製・回収などの過程で、理論的に予想される目的物質の量に対して実際に得られた量の割合。普通、百分率で表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

収率の関連キーワードシクロテトラメチレンテトラニトラミンフィッシャー‐トロプシュ法インプレースリーチングコルベ=シュミット反応ブーボー=ブラン反応ケミグラウンドパルプ採収率[原油,ガス]ウィリアムソン反応セミケミカルパルプハッカ油(薄荷油)ヘンリー ジルマングリニャール反応核酸自動合成装置改質[ナフサ]同位体希釈分析クレオソート油ケトグルタル酸パーキン反応コールタールブロメライン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android