収穫逓減(読み)しゅうかくていげん

  • しゅうかくていげん シウクヮク‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 一定面積からの一人当たりの収穫が、労働力の追加的投下によってしだいに減少すること。転じて、ある生産要素を一定としたとき、一生産要素の増加によって得られる単位当たりの生産が漸減すること。生産要素の限界生産力逓減。収穫漸減。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android