コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取引停止処分 トリヒキテイシショブン

デジタル大辞泉の解説

とりひきていし‐しょぶん【取引停止処分】

手形交換所の規則に基づく手形不渡り処分。同一の手形交換所管内で、6か月以内に2回、手形・小切手の不渡りを出した者について、向こう2年間にわたり、その手形交換所に参加している金融機関との当座勘定や貸し出しの取引が停止されること。手形交換所取引停止処分。銀行取引停止処分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

取引停止処分
とりひきていししょぶん

銀行取引停止処分」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

取引停止処分の関連キーワード支払不能・支払停止異議申立制度全国銀行協会会社更生法不渡手形倒産

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android