取組合(読み)とっくみあう

精選版 日本国語大辞典「取組合」の解説

とっくみ‐あ・う ‥あふ【取組合】

〘自ワ五(ハ四)〙 互いにとりくむ。くみうちをする。格闘(かくとう)する。
※雑俳・川柳評万句合‐安永五(1776)義一「雪はかかないでとっくみ合て居る」

とっくみ‐あい ‥あひ【取組合】

〘名〙 とっくみあうこと。つかみあい。格闘(かくとう)
恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉九「本にさ、嚔(くしゃみ)をしても取組合(トックミアヒ)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android