恋慕(読み)れんぼ

精選版 日本国語大辞典「恋慕」の解説

れん‐ぼ【恋慕】

[1] 〘名〙
① (━する) 異性い慕うこと。恋い焦がれること。
※権記‐正暦四年(993)七月二九日「三朝為輔佐之臣、朝家所重也、洛陽士女〔聞〕薨逝而皆恋慕矣」
日葡辞書(1603‐04)「ヒトヲ renbo(レンボ) スル」 〔後漢書‐西域安息国伝〕
② 世阿彌の能楽論で、能の音曲の曲趣を分類したうちの一つ。柔和なうちにあわれを含んだ曲趣で、紅葉にたとえられる。
※五音曲条々(1429‐41頃)「音曲に祝言、幽曲、恋慕、哀傷、闌曲の五音曲、是あり〈略〉恋慕と云は、是も、にうわなる内にあはれをそへたり」
[2] 尺八の曲名。→鈴慕(れいぼ)

こい‐した・う こひしたふ【恋慕】

〘他ハ四〙 そばに行きたいといちずに恋しく思う。恋慕(れんぼ)する。思いこがれる。恋いしのぶ。
※太平記(14C後)一一「三年余り恋慕(コヒシタヒ)しが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android