恋慕(読み)れんぼ

精選版 日本国語大辞典「恋慕」の解説

れん‐ぼ【恋慕】

[1] 〘名〙
① (━する) 異性を恋い慕うこと。恋い焦がれること。
※権記‐正暦四年(993)七月二九日「三朝為輔佐之臣、朝家所重也、洛陽士女〔聞〕薨逝而皆恋慕矣」
日葡辞書(1603‐04)「ヒトヲ renbo(レンボ) スル」 〔後漢書‐西域安息国伝〕
② 世阿彌の能楽論で、能の音曲の曲趣を分類したうちの一つ。柔和なうちにあわれを含んだ曲趣で、紅葉にたとえられる。
※五音曲条々(1429‐41頃)「音曲に祝言、幽曲、恋慕、哀傷、闌曲の五音曲、是あり〈略〉恋慕と云は、是も、にうわなる内にあはれをそへたり」
[2] 尺八の曲名。→鈴慕(れいぼ)

こい‐した・う こひしたふ【恋慕】

〘他ハ四〙 そばに行きたいといちずに恋しく思う。恋慕(れんぼ)する。思いこがれる。恋いしのぶ。
※太平記(14C後)一一「三年余り恋慕(コヒシタヒ)しが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「恋慕」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「恋慕」の解説

【恋慕】れんぼ

恋いしたう。〔三国志、満伝〕汝南の兵民戀し、大小相ひゐ、路に隨し、禁止すべからず。~詔して、をして親兵千人を將(ひき)ゐて、自ら相ひ隨はしむ。

字通「恋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報