格闘(読み)カクトウ

デジタル大辞泉「格闘」の解説

かく‐とう【格闘/×挌闘】

[名](スル)
組み合ってたたかうこと。とっくみあい。くみうち。「―技」「暴漢と―する」
困難な物事に一生懸命に取り組むこと。「難問題と―する」
[類語]決闘果たし合い取っ組み合い掴み合い組み討ち出入でい戦う立ち向かう抗するあらがう抵抗する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「格闘」の解説

【格闘】かくとう

組みうち。〔漢書、戻太子伝〕(太子)泉鳩里に臧す。~圍みて太子を捕ふ。太子、~自經す。~に格鬪して死す。皇孫二人、皆竝びにふ。

字通「格」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android