コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受信契約 じゅしんけいやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受信契約
じゅしんけいやく

一般には有料の放送を受信するため,放送局と受信者が結ぶ契約。たとえば国営または公営である西ヨーロッパ諸国のテレビ,アメリカの有料テレビを見るためには,受信契約が必要である。日本では,NHKの放送を受信できる設備を設置した視聴者が,NHKと結ぶ契約をいう。この契約に基づいて視聴者が NHKに支払うのが受信料である。受信料の額は,各年度の NHK予算を国会が承認すれば決定する。 1968年度からは,ラジオの受信料は廃止され,黒白テレビ受信料とカラーテレビ受信料および衛星放送受信料の3種類になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

受信契約の関連キーワードnon scramble110度CSデジタル放送テレビジョン史(年表)支払い督促の手続きスクランブル放送CSデジタル放送放送史(年表)NHKと受信料リモート視聴CATV広告スクランブルアクトコールラジオ放送受信料制度民間放送DVB放送法CAS

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受信契約の関連情報