受信契約(読み)じゅしんけいやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受信契約
じゅしんけいやく

一般には有料の放送を受信するため,放送局と受信者が結ぶ契約。たとえば国営または公営である西ヨーロッパ諸国のテレビ,アメリカの有料テレビを見るためには,受信契約が必要である。日本では,NHKの放送を受信できる設備を設置した視聴者が,NHKと結ぶ契約をいう。この契約に基づいて視聴者が NHKに支払うのが受信料である。受信料の額は,各年度の NHK予算を国会が承認すれば決定する。 1968年度からは,ラジオの受信料は廃止され,黒白テレビ受信料とカラーテレビ受信料および衛星放送受信料の3種類になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受信契約の関連情報