コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受用土 じゅゆうど

1件 の用語解説(受用土の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

受用土
じゅゆうど

法相宗において,仏陀の住する3種類の国土の一つ。またこれを,仏陀以外には知ることさえできない不可思議の境界である自受用土 (じじゅゆうど) と,大乗の,菩薩の諸段階にすでに入っている求道者 (地上の菩薩) を導くために現された国土である他受用土 (たじゅゆうど) の2つとして説明することもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受用土の関連キーワード阿難普通株仏足石寺観法相三国仏法伝通縁起ニオイを防ぐポリデント角運動量加成則智雄北法相宗