コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自受用土 じじゅゆうど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自受用土
じじゅゆうど

法相宗の仏国土を3種に分類した説のうちの一つ。仏がみずから法楽を受けている国土をいい,広大にして法界に遍満し,菩薩でも知ることのできない境界

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android