叢氷・層氷(読み)そうひょう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 海や湖に浮かぶ氷が、風のため雑然とつみ重なったものをいう。海面上一〇メートルに達するものもあり、付近の航行を困難にする。
※本朝麗藻(1010か)上・清夜月光多〈藤原斉信〉「四五更天皆粉壁、三千界地尽層氷」 〔杜甫‐高都護驄馬行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android