口を合わせる(読み)くちをあわせる

精選版 日本国語大辞典「口を合わせる」の解説

くち【口】 を 合(あ)わせる

① 相手の話に調子を合わせる。話を合わせる。
※洒落本・廓節要(1799)「よんどころねへいきさつで口を合せた所が」
② 言うことが違わないように話を一致させる。言葉をしめし合わす。
随筆・梅翁随筆(1789‐1801か)二「男頓死せしゆへ訴へ出る所也。弁当箱のなれば、一寸来り口を合せよとの事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口を合わせる」の解説

くちわ・せる

しめし合わせて同じことを言う。口裏を合わせる。「ばれないように―・せる」
相手に話の調子を合わせる。
「その人の好きな事に連れて―・せようといふものす」〈浮世床・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android