コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁当箱 ベントウバコ

デジタル大辞泉の解説

べんとう‐ばこ〔ベンタウ‐〕【弁当箱】

弁当を入れて持ち運ぶ器。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べんとうばこ【弁当箱】

弁当を入れる容器。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

べんとうばこ【弁当箱】

弁当を入れる容器。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弁当箱
べんとうばこ

金属あるいは合成樹脂製の個人用の食器。その源を「面桶(めんつう)」あるいは「破籠(わりご)(破子(わりご))」といった容器に発している。面桶はおもにヒノキの薄板を曲げてつくられた曲物(まげもの)の一種で、楕円(だえん)あるいは円形をしている。地方により、メンパ、ワッパ、モッソウなど種々の呼称があるが、農民、漁師の携行品として普及していた。破籠については、江戸時代には姿を消したようであるが、要するに折り箱の原型であり、使い捨てにされていた。
 両者は現在の弁当箱のルーツであるが、別に「弁当」「弁当箱」とよばれる器具がある。『和漢三才図会(ずえ)』には、「行厨(こうちゅう)」というものがあり、飯・汁・菜・酒また食器を収め、野外での食事に用いる、これを俗に弁当とよぶと記している。また『老人雑話』には、織田信長在城の時分に安土(あづち)城下で弁当というものがつくられ、「小芋程の内に諸道具をさまる」と記している。いずれも面桶のような個人用の器ではなく、精巧な道具であり、野宴のために使われたものである。
 江戸時代には、大名が下僕に担わせるような大掛りな弁当箱が使われ、炭火をおこし、汁を温めたり、茶をいれることなどができたものも多い。なお、携帯用の茶釜(ちゃがま)を中心とした茶道具一式を、「茶弁当」とよんでいたが、本来の「弁当」とともに使われることが多かった。一説には「べんとう」とは、前述した「面桶」の漢音で、面桶を語源とするというが、江戸時代には、庶民の日常道具である面桶と、行楽の用具である弁当(箱)とは、はっきりと区別されている。[森谷尅久・伊東宗裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の弁当箱の言及

【破子(破籠)】より

…破子そのものがヒノキを材料としたことを考えると,この両者がどう違っていたのか理解しにくいが,《賀陽院水閣歌合(かやのいんすいかくうたあわせ)》(1035)には,その際に用いられた檜破子が,紫檀(したん)の地に螺鈿(らでん)を施した足をつけてあったと注記している。破子は,屋外での宴遊などに多く用いられたが,携帯用の弁当箱としても用いられ,〈昼破子(ひるわりご)を食う〉というように昼食の弁当の意味でも用いられている。現在各地でヒノキなどの薄板を曲げ,サクラの樹皮でとめたものを〈メンパ〉〈ワッパ〉などと呼んで弁当箱にしているが,これらは破子の変化したものであろう。…

※「弁当箱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弁当箱の関連情報