コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口占・口裏 くちうら

大辞林 第三版の解説

くちうら【口占・口裏】

が原義〕
言い方から察せられる本心。相手が本心を推察できるような話しぶり。 《口裏》 「相手の-から大体のことは察せられる」
人の言葉を聞いて、それで吉凶を占うこと。 《口占》 「源繁昌の-あり、とぞささやきける/盛衰記 27

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口占・口裏の関連キーワード口裏本心

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android