口紅水仙(読み)クチベニズイセン

精選版 日本国語大辞典の解説

くちべに‐ずいせん【口紅水仙】

〘名〙 ヒガンバナ科の多年草。地中海、中央ヨーロッパ原産で、日本には明治末年に渡来した。花茎は高さ三〇センチメートル以上になり、一茎に一花をつける中輪種。花は径四~七センチメートルになり、白色で花冠の縁が鮮赤色。かおりが高い。観賞用に広く栽培され、多数の園芸品種が知られている。《季・春》 〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android