コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口説き節 クドキブシ

デジタル大辞泉の解説

くどき‐ぶし【口説き節】

俗曲の一。市井の情話などを長編の歌物語にしたもの。瞽女(ごぜ)などが歌って江戸後期に流行した。鈴木主水(もんど)・八百屋お七など。口説き。
口説き歌

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

口説き節の関連キーワード堀込 源太(1代目)堀込 源太(初代)八百屋お七踊り口説き江州音頭口説き

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

口説き節の関連情報