コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木主水 スズキモンド

4件 の用語解説(鈴木主水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずき‐もんど【鈴木主水】

享和元年(1801)内藤新宿の遊女白糸と情死した武士の名。また、その事件を主題とした戯曲や歌謡。歌謡では踊り口説(くど)きなどに今も残り、歌舞伎では嘉永5年(1852)江戸市村座初演の3世桜田治助作「隅田川対高賀紋(すみだがわついのかがもん)」などがある。
久生十蘭時代小説。昭和26年(1951)発表。同年、第26回直木賞受賞。昭和35年(1960)テレビドラマ化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すずきもんど【鈴木主水】

?‐1801(享和1)
江戸内藤新宿橋本屋の遊女白糸と情死し,家名断絶となったと伝えられる武士。詳細は不明だが,天保~嘉永期(1830‐54)に流行唄となり,瞽女(ごぜ)唄のヤンレイクドキや盆踊唄にうたわれ,また実録本にも行われて著名であった。その歌詞は〈花のエエ花のお江戸のその町々に,さても名高き評判がござる,ところ四谷の新宿辺に,軒を並べて女郎屋がござる,紺ののれんに桔梗の紋は,音に聞えし橋本屋とて,あまた女郎衆が皆玉揃ひ,中に全盛白糸様は年は十九で当世姿,立てば芍薬座れば牡丹,我も我もと名指しで上る,わけてお客のあるその中に,ところ青山百人町に鈴木主水といふ侍は,女房持にて子供が二人……〉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すずきもんど【鈴木主水】

歌舞伎「隅田川対高賀紋すみだがわついのかがもん」の通称。世話物。三世桜田治助作。1852年江戸市村座初演。鈴木主水と宿場女郎白糸との情話を脚色したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木主水
すずきもんど

俗説、およびこれを脚色した音曲・戯曲上の人物名。事実は未詳だが、江戸青山に住んだ侍で、1801年(享和1)内藤新宿(ないとうしんじゅく)の娼妓(しょうぎ)橋本屋白糸(しらいと)と情死したといわれ、嘉永(かえい)(1848~54)ごろ、瞽女(ごぜ)の唄(うた)「ヤンレェくどき」に謡われて名が広まり、清元(きよもと)・常磐津(ときわず)や八木節(やぎぶし)にも扱われた。歌舞伎(かぶき)に脚色した最初は、1852年(嘉永5)3月江戸市村座初演、3世桜田治助(じすけ)作『隅田川対加賀紋(ついのかがもん)』で、書替え物に『褄重縁色揚(つまかさねえにしのいろあげ)』、『鈴木主水恋白糸(こいのしらいと)』『恋音便(こいのたより)主水白糸』などがあり、なかでも『百人町浮名読売(ひゃくにんまちうきなのよみうり)』は近年でも上演され、7世沢村宗十郎の当り芸「高賀(こうが)十種」に選ばれている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木主水の関連キーワード甲州街道新宿享和四駅内藤新宿四駅(四宿)鈴木主水(2)高松喜六千代徳若内藤政和

鈴木主水の関連情報