古シベリア諸語(読み)こシベリアしょご(英語表記)Paleosiberian languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古シベリア諸語
こシベリアしょご
Paleosiberian languages

かつて,シベリア一帯にいまより広く分布していた諸言語の総称で,旧シベリア諸語,旧アジア諸語,極北諸語などとも呼ばれる。相互間の親族関係が未確立の4つの群があるが,それらは R.ヤコブソンによれば,東方派と西方派に2分される。前者は,(1) チュクチ語 (チュクチ自治管区) ,コリャーク語 (カムチャツカ半島) ,カムチャダール語 (カムチャツカ半島) 。以上の3語をルオラウェトラン語 (族) ともいう。 (2) ユカギール語 (シベリア北端の2ヵ所に言語の島をなす) ,チュバン語,オモック語 (ともに死滅) 。 (3) ニブフ語 (アムール川下流地帯と北サハリン) の3群から成り立つ。後者はケット語 (エニセイ川流域) や死滅したコット語などから成り立ち,エニセイ語族ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android