コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語の島 げんごのしま speech island

翻訳|speech island

1件 の用語解説(言語の島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語の島
げんごのしま
speech island

一言語の領域のなかに,あたかも島のように孤立的に存在している非常に異なった言語(方言)をいう。一般には,住民の移住によって生じたものをさす。北海道空知総合振興局新十津川町渡島総合振興局知内町重内(おもない)などの集団移住地のことば,山形県山形市の香澄町や九州の佐賀県唐津市,宮崎県延岡市などの旧士族のことばなどがその例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

言語の島の関連キーワードメタ言語一言一句かもかくも日高見国恰も高盛朝日のようにさわやかに嵐の中の愛のようにC/EBPブリルアン帯(ゾーン)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone