コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語の島 げんごのしまspeech island

翻訳|speech island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語の島
げんごのしま
speech island

言語の領域のなかに,あたかも島のように孤立的に存在している非常に異なった言語(方言)をいう。一般には,住民の移住によって生じたものをさす。北海道の空知総合振興局新十津川町や渡島総合振興局知内町重内(おもない)などの集団移住地のことば,山形県山形市の香澄町や九州の佐賀県唐津市,宮崎県延岡市などの旧士族のことばなどがその例。東京のことばも関東方言のなかにあって,関西方言の影響により,二重母音や「寒ウゴザイマス」などの形容詞ウ音便形,「書コウ」「読モウ」のような形式など,関西方言的特徴をもつにいたっていることから,言語の島といってもよい面がある。ヨーロッパではハンガリー語(ウラル系)やバスク語(系統未詳)が言語の島をなしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

言語の島の関連キーワードブラーフーイー語古シベリア諸語山形県山形市佐賀県唐津市宮崎県延岡市東京語言語島

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android