コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語の島 げんごのしまspeech island

翻訳|speech island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語の島
げんごのしま
speech island

言語の領域のなかに,あたかも島のように孤立的に存在している非常に異なった言語(方言)をいう。一般には,住民の移住によって生じたものをさす。北海道の空知総合振興局新十津川町や渡島総合振興局知内町重内(おもない)などの集団移住地のことば,山形県山形市の香澄町や九州の佐賀県唐津市,宮崎県延岡市などの旧士族のことばなどがその例。東京のことばも関東方言のなかにあって,関西方言の影響により,二重母音や「寒ウゴザイマス」などの形容詞ウ音便形,「書コウ」「読モウ」のような形式など,関西方言的特徴をもつにいたっていることから,言語の島といってもよい面がある。ヨーロッパではハンガリー語(ウラル系)やバスク語(系統未詳)が言語の島をなしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android