コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今綿 コキンワタ

デジタル大辞泉の解説

こきん‐わた【古今綿】

江戸時代、延宝(1673~1681)から宝永(1704~1711)のころに流行した綿帽子の一。前額からほおにかけ、あごのところまで包む。頰包み。古今帽子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こきんわた【古今綿】

江戸時代の綿帽子の一。額から両頰を包んであご下まで巻くもの。頰包。古今帽子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古今綿の関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android