コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代競技会 こだいきょうぎかいclassical games

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代競技会
こだいきょうぎかい
classical games

古代ギリシアで行なわれていた競技会。神殿における祭典競技会として開かれ,オリュンピア競技会イストミア競技会ピュチア競技会ネメア競技会の四大祭典競技会が最も盛大であった。オリュンピア競技会が最も古く前 776年の起源とされ,しだいにギリシアから地中海諸島に広がり,前6世紀頃には黒海からアフリカ大陸沿岸にまで及んだ。競技種目は短・中・長距離競走,ボクシング,レスリング,パンクラチオン,武装競技,古代五種競技戦車競走などで,のちにろば競走,競馬,らっぱ手競技,伝令競走なども行なわれた。これらの競技会はギリシアが古代ローマの属領となる頃まで続いた。 (→オリンピック競技大会 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古代競技会の関連キーワードクーベルタンエリス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android