コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古喜劇 こきげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古喜劇
こきげき

前5世紀アテネで上演されたギリシア喜劇。酒神ディオニュソスの祭礼における歌と踊りの行列の陽気な騒ぎ「コモス」 kōmosから発達した「コモスの歌」 kōmōidiaがすなわち「喜劇」で,前 487年国家の行事として許され,キオニデスが競演の最初の勝利者となったと伝えられる。以後毎年アテネの2つの酒神祭,大ディオニュシア祭とレナイア祭において上演された。クラティノスエウポリスアリストファネスが三大喜劇詩人と呼ばれ,ほかにクラテス,フェレクラテス,フリュニコスプラトン・コミクスらが活躍したが,現存する作品はアリストファネスの 11編 (うち2編は中喜劇に属する) のみ。競演は5人の作者の5編の作品によって行われた。古喜劇は宗教行事であると同時に,政治批判,社会風刺の役割を果していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古喜劇の関連キーワードアリストファネス(喜劇詩人)アカルナイの人々エピカルモスギリシア演劇メナンドロスギリシア文学ヘロンダス樋口 勝彦サトゥラ女の議会福の神新喜劇ミモス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android