古女房(読み)ふるにょうぼう

大辞林 第三版の解説

ふるにょうぼう【古女房】

長年、連れ添った妻。
長年仕えている女房。古参の女官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふる‐にょうぼう ‥ニョウバウ【古女房】

〘名〙
① 古くから仕えている女官
※増鏡(1368‐76頃)一五「ありし後、おのがさまざままかでちりにしふる女ばう」
② 年をとった妻。老妻
※新浦島(1895)〈幸田露伴〉七「古女房(フルニョウボ)は足の裏の飯粒と思はれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古女房の関連情報