コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋昔陽 ふるや せきよう

1件 の用語解説(古屋昔陽の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋昔陽 ふるや-せきよう

1734-1806 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)19年生まれ。古屋愛日斎の弟。熊本の秋山玉山に徂徠(そらい)学をまなぶ。江戸で開塾のかたわら,会津(あいづ)藩主松平容頌(かたのぶ)の養子容住(かたおき)の侍講をつとめ,藩校日新館の創立にもかかわった。寛政10年兄の跡をつぎ,熊本藩の儒官となった。文化3年4月1日死去。73歳。名は鬲。字(あざな)は公款。別号に紫陽。著作に「詩説」「古今学変考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古屋昔陽の関連キーワード愛甲季平石川壺月太田九井三鍼樗雲貞佐(1)中村重助(3代)松原素元由良箕山蘭室

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone