コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古屋昔陽 ふるや せきよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古屋昔陽 ふるや-せきよう

1734-1806 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)19年生まれ。古屋愛日斎の弟。熊本の秋山玉山徂徠(そらい)学をまなぶ。江戸で開塾のかたわら,会津(あいづ)藩主松平容頌(かたのぶ)の養子容住(かたおき)の侍講をつとめ,藩校日新館の創立にもかかわった。寛政10年兄の跡をつぎ,熊本藩の儒官となった。文化3年4月1日死去。73歳。名は鬲。字(あざな)は公款。別号紫陽。著作に「詩説」「古今学変考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古屋昔陽の関連キーワード小山田与清鷹巣呉門本間遊清古田含章安井滄洲石川雅望斎藤良益宝田蘭陵有馬白嶼高田与清儒者

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android