コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山玉山 あきやまぎょくざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋山玉山
あきやまぎょくざん

[生]元禄15(1702).6.29. 豊後,鶴崎
[没]宝暦13(1763).12.12. 熊本
江戸時代中期の儒者。名,定政,あるいは儀。字,子羽。通称,儀右衛門。別号,青柯。実父は熊本藩作事方棟梁の中山又吉だが,叔父の熊本藩の医師秋山需庵の養子となった。長じて江戸の林家に入門し,帰郷後藩儒として仕えた。藩校時習館の経営に尽力し,かたわら詩をよくして新井白石祇園南海梁田蛻巌 (やなだぜいがん) とともに正徳四家と称された。『玉山詩集』 (1754) ,『玉山遺稿』 (72) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋山玉山 あきやま-ぎょくざん

1702-1764* 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)15年6月29日生まれ。肥後熊本藩儒。水足屏山(みずたり-へいざん)に師事し,のち江戸昌平黌(しょうへいこう)で林鳳岡(ほうこう)らにまなぶ。帰藩後,藩校時習館の創建につくした。宝暦13年12月11日死去。62歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。本姓は中山。名は定政,儀。字(あざな)は子羽。通称は儀右衛門。別号に青柯(せいか)。著作に「玉山詩集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

秋山玉山

没年:宝暦13.12.12(1764.1.14)
生年:元禄15.6.29(1702.7.23)
江戸時代中期の漢学者。豊後鶴崎(大分市)の人。名は儀,定政,字は子羽,通称は儀右衛門。玉山,青柯と号す。熊本藩士中山定勝の次男。幼くして叔父であった熊本藩医秋山需庵の養子となる。水足屏山に儒学を学び,また禅学をも好んだという。享保8(1723)年22歳のとき,その学才を認められて医を廃し,6代藩主細川宣紀の中小姓となる。翌年江戸に上り,林鳳岡に師事。その学は朱子学を中心に据えながらも,一派に拘泥することなく,当時盛んに行われていた徂徠学を積極的に取り入れるなど,自由な学風を作り出していった。17年,藩主が亡くなるとその柩に従って帰国。藩の学問指南役となり,7代宗孝,8代重賢の側近くに仕え,参勤交代の折には必ず供となった。特に明君として名高い重賢との絆は強く,藩政改革において大きな役割を果たした。宝暦5(1755)年,他藩にさきがけての藩校時習館の開設は,その主たるもので,玉山の選した学則「時習館学規」は,のちに各藩校の規範となった。藩校教授となってからは,その門より多く逸材が輩出した。また詩文の名声も高く,服部南郭高野蘭亭などと深く交わり,富士登山を記した文「富岳記」は人々の広く知るところとなった。さらには書画にも精通していた。<著作>『玉山先生詩集』

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あきやまぎょくざん【秋山玉山】

1702‐63(元禄15‐宝暦13)
江戸中期の儒者漢詩人。名は儀。字は子羽。通称は儀右衛門。豊後の生れ。江戸に出て徳川幕府の儒官林鳳岡(ほうこう)に朱子学を学び,藩校時習館の建設を進言するなど熊本藩に儒官として仕えた。詩文の才能にめぐまれ,漢詩人としての活動にも積極的で,藩主の参勤交代の供でたびたび江戸に上り,服部南郭,高野蘭亭などの古文辞派の詩人と文雅の交わりをした。当時の詩壇は古文辞派の擬古主義詩風の全盛期であったが,その影響をほとんど受けず,独自の詩風を保った詩人として名高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あきやまぎょくざん【秋山玉山】

1702~1763) 江戸中期の儒学者・漢詩人。豊後の人。名は儀、字あざなは子羽。通称、儀右衛門。昌平黌こうに学んだのち熊本藩に任官、時習館設立を進言。独自の詩風で名高い。作「玉山詩集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋山玉山
あきやまぎょくざん
(?―1763)

江戸中期の儒学者。享年については66歳説と62歳説がある。豊後(ぶんご)国鶴崎(つるさき)(大分市)生まれ。昌平黌(しょうへいこう)に学び林鳳岡(はやしほうこう)に師事すること10年ののち、肥後(熊本県)細川侯に仕えた。学校と聖堂の建設を建白し、時習館の開設と同時に教授となり、時習館学規を撰(せん)した。そのなかに華音(中国語)を以(もっ)て背誦(はいしょう)(暗唱)すべしと規定したが、これは玉山の見識を示す。当時は(けんえん)派の古文辞が天下を風靡(ふうび)しつつあった。玉山も初めはそれを推重したが、のちにその流弊を自覚し、詩は漢魏盛唐(かんぎせいとう)を理想とした。経学詩文の調和論者であり、詩文肝要論者であり、文章は雕蟲(ちょうちゅう)(詩文を修飾すること)を排斥し、新奇を主張し、法を古人に求めず、独自の境地を開拓することを心がけ、時人に媚(こ)びようとしなかった。『玉山詩集』6巻、『玉山先生遺稿』11巻がある。[松下 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

秋山玉山 (あきやまぎょくざん)

生年月日:1702年6月29日
江戸時代中期の漢学者
1764年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

秋山玉山の関連キーワード加々美鶴灘古屋愛日斎村田春海岩下探春宮崎雲台生年月日千葉芸閣本田東陵片山兼山古屋昔陽秋山遜漢文学藪孤山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android